貴院に相応しい人事制度の構築、
運用評価者研修まで丁寧にご支援いたします。

info

Two beautiful dolphins swimming underwater through sunrays with breaking wave above by Willyam Bradberry.

  1. ホーム
  2. 医療・介護施設
  3. 医療・介護施設の人事制度構築

医療・介護施設の人事制度構築

病院・介護職員にとっての人事制度とは

人事制度は病院・介護組織にとって、「水」や「空気」のような存在に例えられます。「水」や「空気」は我々の生活にとっては存在して当たり前のものですが、良い水や空気が良質な土や食物を育てる一方、水や空気に害があれば、我々の身体まで悪影響を及ぼします。

人事制度は、労務を提供されている職員の皆様にとっては当たり前に存在するものですが、病院・介護組織の経営陣が職員に対して、どのような役割や能力を求めているのか、どのような基準で処遇を支払うのか、といったメッセージが伝わっていなかったり、納得性の低下が生じると、職員の職務の質や動機づけ、組織風土にもマイナスの影響を及ぼします。病院・介護組織にとっては、人的資源の有効活用ができなくなってしまいます。

ヒサエダコンサルティングでは、職員の動機づけと活力ある組織づくりにより業績向上、組織及び職員のレベルアップを目指すため、より自組織に相応しい人事制度構築をご支援させていただきます。

職員の動機づけと定着を促すためのキャリアパス制度

【制度例】

キャリアパス制度は、処遇と育成、また異動などの基準となる制度です。
病院・介護組織におけるキャリアパス制度は、組織の中で求められる専門職務(公的資格)と役割(管理業務、部下の育成、他部門との連携など)のバランスのとれた仕組みを構築するがポイントになります。

納得性のある処遇決定と人材育成に活用するための人事評価制度

人事評価は、職員の能力仕事ぶりを予め明示された基準により評価を行い、処遇と育成へ公正に活用するものです。
初めから複雑な制度にするのではなく、例えば、専門的な職務の習熟度よりも、基本的な職務姿勢、利用者に対するサービス、職員同士のチームワーク等について、評価項目を作成し、評価の納得性と組織全体の底上げを図っていくことも一案です。

また、目標管理を導入し、職員にPDCAのマネジメントサイクルや上司部下のコミュニケーションを円滑化することも望ましいでしょう。

【人事評価シートのイメージ】

公的資格を尊重しつつ等級や人事評価結果も反映した給与制度

医療・介護業界では、職種毎の相場価格がある程度あるため、給与テーブルも職種毎に設けることが考えられます。各職種の中でも、等級毎に、給与レンジ(上限額・下限額)を設定することがポイントです。

また、基本給とは別に、個人の属性や勤務形態を反映した手当、賞与算定基準について、納得性のあるものにすることが大切です。

【制度例】

人事制度構築スケジュール

6ヶ月~1年程度かけて、人事制度構築をご支援いたします。期間は、組織規模、職種や事業所の数によって異なります。
オーダーメイド型の場合、月に2回~3回程度訪問し、2時間~3時間程度のプロジェクトミーティングにより検討を行っていきます。各ミーティングの事前に弊社にて、お客様の状況を踏まえながら、検討事項及びマニュアルのたたき台を作成します。顧問型の場合、お客様内で検討される人事制度構築プロジェクトにアドバイザーとして参加し、客観的・専門的な観点でコメントさせていただきます。

プロジェクトの進捗については、適宜、経営陣にご報告させていただきます。また、制度導入前には、職員説明会や管理者研修の講師も務めます。

※各実施項目名にマウスを重ねると、詳しい実施内容をご覧いただけます。

ページの先頭へ